勤怠管理システムを導入することによるメリット

subpage01

会社の労務管理に勤怠管理システムを導入するメリットとしては、次のような内容が挙げられます。



まずはコストを削減することが出来る点です。

従業員の勤怠管理をタイムカードによって行っているという企業は少なくありませんが、そういった企業では月末になると人事が全ての社員のタイムカードを収集して、手作業でパソコン上の管理シートに入力しなければいけません。規模の小さい会社ならそれほど労力はかからないかもしれませんが、100〜200人程度の中堅企業になると相当な作業コストがかかることになります。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば従来のタイムカード管理よりも大幅にコストを削減することが可能になります。

次に労働時間を適切に管理することが出来ます。

勤怠管理システムでは残業や休日出勤、休日等の管理も一括して行うことができるので、従業員の労働時間の超過や休暇が法定通り取れていないケースを把握しやすくなるので、コンプライアンスの向上にもつながります。

更に、悪質な不正打刻を防止することにも役立ちます。例えば最新のシステムでは、指紋認証や顔認証などの生体認証システムが採用されているものもあるので、本人以外の打刻は決してできなくなります。

OKWaveの専門知識を身につけましょう。

最後に給与システムとの連携によって給与計算業務を一括して行うことが出来るので、人事部の負担軽減と経営者の人事部門の把握を行うことが出来ます。勤怠管理システムを導入することにはこのようなメリットがあります。